交通事故でお困りの方へ、整骨院・車修理店・弁護士・保険代理店を掲載してます。

交通事故お助け.com
  • サイトへの掲載はこちらから
  • ヘルプ
  • お問い合わせ
交通事故お助け.com  › 整骨院を探す

整骨院を探す

交通事故治療(むちうち治療)を施せる整骨院

交通事故の治療先は主に病院(整形外科)となります。
しかし、病院は診療終了時間が早く、治療を受けたいけれどお仕事の都合でその時間までに病院に行けず、治療を満足にできないという方や、病院の待ち時間が長すぎて通院が苦痛だと感じる方がいます。
そういった方々には整骨院(接骨院)と病院の併用をお勧めしています。
しかし、どこの整骨院でもいいというわけではありません。
整骨院で治療されている方の症状で多いのは、追突事故による首(むちうち症)・肩・腰の不調になります。その他、バイクや自転車事故での、打撲・挫傷・骨折などの方もいます。
どこの整骨院(接骨院)が交通事故治療を施しているのかというのは一般の方ではなかなか判断がつきません。まして、交通事故治療は技術だけでなく賠償問題まで視野に入れないと後々大変なことになってしまいます。
当サイトでは安心して交通事故後遺症治療(むちうち治療)を受けていただけるよう、交通事故治療を施せる柔道整復師(整骨院の先生)を探せるようにしています。

後遺障害とは

不幸にも交通事故にあってケガを負い、治療を続けても、そのケガの痛みや傷跡が残ったり、関節が曲がらなくなったり等の事故にあう前の状態に戻れなくなってしまうことがあります。
このような状態を一般的に「交通事故の後遺症」といいます。
後遺症が残ってしまった場合に加害者(保険会社)はきっちりと保障してくれるのでしょうか?
答えはNOです。

交通事故の損害賠償においてきっちり保障してもらえるのは「後遺症」ではなく「後遺障害」です。
響きの似ているこの二つ。どう違うのでしょうか。
その違いは、しかるべき機関から認定を受けたかどうかです。
後遺障害の認定は保険会社からの調査依頼で、損害保険料率算出機構の調査事務所(通称:自賠責調査事務所)がします。
身体に傷が残った場合などは、調査員が面談を行うこともありますが、ほとんどのケースが書類審査だけでされます。

自賠責保険では、交通事故で後遺障害を負った人を救うため、傷害保険金(支払限度額120万円)とは別に、障害の等級に応じて「後遺障害保険金」を支払うことになっています。
後遺障害の等級は1級(支払限度額4000万円)からもっとも軽い14級(支払限度額75万円)に分かれており、140種類もの障害がさらに多数の系列に分類されています。

自分の症状にあった適正な等級に認定されれば正当な賠償がされ、その後にかかるリハビリの費用や、仕事の制限による収入減も乗り切れるでしょう。

弁護士などの専門家は不幸にも交通事故で後遺症が残ってしまった被害者の方のお手伝いをしてくれます。自分の後遺症が後遺障害の認定を受けられるかわからないからちょっと話を聞いてみたいという方でも相談してみることをお勧めします。

自賠責保険

自賠責保険基準 傷害による損害(お支払限度額:被害者1名につき 120万円

治療関係費 応急手当費、診察料、入院料、投薬料、柔道整復等の費用
義肢等の費用、診断書等の費用、その他の費用
必要かつ妥当な実費
慰謝料 精神的・肉体的な苦痛に対する補償 通院1日につき4,200 円
休業損害 事故による傷害のために発生した休業による損害。主婦などの家事を専業とする方にも支払われます。 原則として休業1日につき5,700円
給与所得者の方:休業損害証明書(前年分の源泉徴収票を添付)
事業所得者の方:前年分の確定申告書(控)の写、職業証明書など
交通費 通院に要した交通費 必要かつ妥当な実費 通院交通費明細書領収証
(タクシー利用の場合)

自賠責保険の支払い基準

自賠責保険は被害者救済の性質が強い保険ですので、交通事故において保険金が支払われないケースはそう多くありません。保険が適用されるかどうかは自動車保険料率算出機構が調査をおこない、その結果に基づいて自賠責保険会社が確定した額を支払います。
限度額が決まっておりケガによる損害は120万円までを限度に支払われます。
上記の表のとおり基準が決まっており基準に基づいて損害額が計算され支払われます。

重過失減額

被害者救済の性質が強い保険ですが、100%の過失があった場合には適用されません。(追突した方、逆送、信号無視等)
重大な過失がある場合には減額ということもあります。

被害者の過失割合
減額割合
後遺障害または死亡に係るもの 傷害
7割未満の場合 減額なし
7割以上 8割未満の場合 20%減額 20%減額
8割以上 9割未満の場合 30%減額
9割以上 10割未満の場合 50%減額

次のようなケースの場合は自賠責保険において減額が適用される(又は支払われない)ことがあります。

  1. 信号を見落として交差点に進入し、相手方自動車と衝突
  2. センターラインオーバーをして、相手方自動車と衝突
  3. 一時停止標識を見落として進入し、相手方自動車と衝突
  4. 非優先道路から優先道路へ進入して、相手方自動車と衝突
  5. 駐車場から道路へ出て、相手方自動車と衝突 
交通事故診断ツール おけがでお困りの方
交通事故診断ツール お車の修理でお困りの方

交通事故に遭い、治療院(整骨院)・自動車修理業者・法律家(弁護士)・保険でお悩みの方。
交通事故問題をスムーズに解決できるよう診断フローをオススメします。

被害者の方に対応しております。
加害者としてお困りの方は直接専門家へご相談ください。